GMOのSEO対策や風評被害対策で集客の可能性を高めよう

IT

想像以上の被害がある

女性

ありもしない情報の信ぴょう性は、それを見たユーザーがどのように捉えるかで変わります。そのため、事実無根だと思われるような内容の書き込みであっても、ユーザーが真実だと思えば真実になるのです。事実、風評被害で大きなダメージを受けている企業は多く、知らないところで大きな広がりを見せています。
単なるガセネタ記事や書き込みということで安易に考えられますが、事と次第によっては計り知れない被害に繋がることもあります。実際、飲食店がありもしない食中毒の書き込みがあり、そこから口コミや噂が拡散。それにより、集客や売上が落ちて閉店に追い込まれてしまうというようなこともあります。いくら事実無根であっても言われのない書き込みがあれば、しっかりとした風評被害対策を行なうことが大切です。

風評被害対策と言うと、あまり明確にイメージできる人は少ないでしょう。インターネット上で公開されたサイトは、すべて削除できるわけではありませんし既に目にしたユーザーもいます。特に自社で動いて独自の風評被害対策を行なうことは、被害の範囲や書き込みの有無を調べることだけでも大変なのです。
このような時は、逆SEO対策を専門とする業者へ相談をし、被害状況の調査と風評被害対策を依頼します。このように進めることで、不特定多数の目に触れないように下位表示させるように動いてくれますし、削除できる記事は削除対応をしてくれます。また、被害に対しての損害賠償を行なうサポートなども相談に乗ってくれるので、効果的な風評被害対策が実現します。